« 上獅子交流会写真 | トップページ | 頭会 »

2008年6月22日 (日)

注連縄づくり

注連縄・・・なんと読むでしょう

答え⇒「しめなわ」と読みます

神社に飾られたり、正月の玄関先などに飾られるもの

 

今日は薮原神社にて、氏子や地域の方、お神輿の尊神会員、そして我が倶楽部員が集まり、お祭りで薮原地区を彩る一つ「注連縄」を作りました

(以下、その時の様子)

 Img_0880

 稲ワラをねじり、結んでいる様子

 右にねじり左へ巻いていく・・・と教わりました

 Img_0881

 難しかったです

 

 

 Img_0888_2

 薮原神社に飾る注連縄

 かなり太い

 

 参加した氏子の方や年配の方に教わりましたが、何度も、何年もやらないと覚えれないし忘れてしまいます

 出来上がった注連縄は6月30日の夕方、下獅子の祭礼練習会場である転作センター前の道路に飾られます

 

 本日の練習は人数もそんなに多くなかったけど、倶楽部員の子どもや薮原下町地区の子どもが集まり、にぎやかに終わりました

 22時40分練習終了(練習9日目にして一番早い時間の帰宅でした)

 

« 上獅子交流会写真 | トップページ | 頭会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 上獅子交流会写真 | トップページ | 頭会 »