フォト
2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月26日 (日)

水色の会引継ぎ

25日夜、新旧水色の会引継ぎを行ないました。

18日の役員引継ぎ同様、引継ぎ・・・というより、お祭りネタをつまみに飲むのが目的です

 

今回は下町ではなく、普段集まることのない上町にある食堂で行ないました

全員集まることはできませんでしたが、今後の祭礼に向けて、盛り上がる新たなアイディアなども出て、良い集まりになりました。

 

22年度も、部長や頭をサポートできる水色の会として活躍していただきたいと思います。

自分は白い鉢巻をつけた「白色の会」 の一員として、楽しみます

 

今度の行事は8月1日、村の源流夏祭りに参加

 

2009年7月20日 (月)

引継ぎ

18日夜、八幡倶楽部新旧役員の引継ぎが行われました。

引継ぎ・・・と言っても、部長、頭長、事業部長が持っている書類やデータを渡す程度で、あとは懇親を深めるです。

詳しい引継ぎはその都度、それぞれで行なっていくことになると思います。

 

庶務部長の引継ぎは・・・この日、私が仕事で参加できなかったため、引継ぎ会前に新庶務部長へ必要書類とデータを渡しました。

これで庶務部長の役をおりたことになります・・・。若干寂しさもありますが・・・

 

25日には、21年度結成した水色の鉢巻をした役員による≪水色の会≫の新旧引継ぎ会を予定しています。

こちらも引継ぎ・・・というよりはが中心です

 

最後に、今年度苦労した重役の皆さんの労をねぎらいUP

4  

 部長副部長祭紀部長会計

  

Photo

 頭4人

 

 

 

 一年間お疲れ様でした

 

 

2009年7月15日 (水)

7日から振り返り・・・

7日以降の活動、というか自分の行動を徐々に部ログ公開していきます。

 

7日は朝から屋台の組み立て、梃子の手入れ等を行いました。

昼食休憩をはさみ、夕方から上獅子、神輿、下獅子の三団体役員のあいさつ回り、夜には下獅子三団体の総会、すべてが終わってから、倶楽部員は天幕に獅子頭を縫ったり、8日の出発準備にかかります。

 

今年は庶務部長であり、水色の会事務局長ということで、「庶務部長兼、水色の会事務局長・・・」の役員自己紹介の時には、上獅子・神輿の役員の人たちは・・「水色の会??」みたいな反応がありました。

 

Img_3018 祭壇の様子

 右が宵祭り・左が本祭り用の獅子です(間違っていたら・・・すみません)

 

 

すべての準備が終了したところで、祭紀部長が悩んで決めた「寄合いメンバー」「各持ち場主任等の役割」が倶楽部長から発表されます

 

昼間に行われる上獅子や神輿との寄合いの獅子舞1・2本目は若い衆、3本目は中堅クラスの先輩が。鳴り物は比較的経験してきた先輩クラスが多く選出されました。

そして夜の寄合いメンバーはやはり技術や経験豊かなベテランに近い先輩が選ばれます。

ワタクシは・・・8日上獅子との2回目の寄合いで笛。

Hue

 

倶楽部にいる同級生と5年振りに一緒に笛を吹きました

 

 

9日は上獅子との1回目の寄合いで、獅子舞の前の「じまい」を担当。

昼間一番盛り上がる場所とあってか、後からビデオで観たとところ「誰もやったことのない」ことにチャレンジした舞いに、かなりの歓声が上がっていて嬉しかったです。

そして夜、神輿との最後の寄合いでは、初めて大太鼓に選ばれました。

入部してから12回目のお祭り、屋台の中で大太鼓・小太鼓を叩くのは、これが初めて。

緊張感もありましたが、程よい酒酔いとお祭りに陶酔した感じで叩くことができ、良い経験になりました

 

他の役割としては、屋台の右前にあたる車輪の舵取り役、西前の「横梃子」、9日には原町地区の「祝儀班」として、短い時間ではありましたが、楽しく原町町内の各家庭の味をご馳走になってきました。

ご祝儀をいただき、そしておいしい料理やお酒をいただき、本当にありがとうございました この役もハマりそうです

 

横梃子は・・・

雨の影響(言い訳)もあってか、屋台を引っ張る力も少ないためか、それとも単純に技術がまだまだか(一番ありえる原因ですが・・・)、往路は思うように舵取りができず、何度も「ヨッコ」で屋台を方向転換し、屋台運行がスムーズに行きませんでした

かなりの反省と落ち込みです。いまだに悔やんでます

来年こそは・・・の意気込みで1年間研究したいと思います。

 

まぁどんな役でも成功も失敗もあります。

昨年の頭長の時も、完璧に準備したつもりでも「ポシャル」こともありました。

失敗を悔やむより、来年こそは!の気持ちで頑張りたいと思います。

 

 

Img_3083  自分の「じまい」の時の雌獅子

 奥様が撮ってくれました

 奥に見えるのが薮原神社の鳥居

知ってたかはわかりませんが、薮原神社の鳥居をバックに、カメラ目線の雌獅子というのは、ベストショットだと思います

今年も雨の中、ビデオカメラやデジカメで沢山撮影してくれました。

本当にありがとう、我が家の奥様!

 

最後に・・・

Mizuiro 9日門出

水色の会6人で

 

今度、役員引継ぎとは別で、水色の会引継ぎ会も予定しています

 

2009年7月11日 (土)

その2


先ほどの投稿でふれることが出来なかった部分を述べます

今年のお祭りは祝儀班として下町と中町の一部・そして上町の皆さんのお宅へお邪魔し、大変ありがたいお心遣いを頂戴いたしました。
この場をお借りして御礼申し上げます。ありがとうごさいました

そして、同じ下獅子の一員として温かく見守って、時には指導してくださった鳩友会・鳩親会の先輩方、八幡倶楽部を底辺から支えてくれている倶楽部の先輩方、少ない人数で獅子舞や囃子・鳴り物など精一杯頑張ってくれた後輩、忙しい中でも毎晩遅くまで準備や片づけをして倶楽部の中枢を担った部長・副部長・祭紀・会計・そして頭のみんな。
それぞれがそれぞれの役をこなしたからこそ、みんなが気持ちよく祭りができたと思います
本当に、本当に、お疲れさま。そしてありがとうm(_ _)m

来年も今年同様、安全で楽しいお祭りを目指しましょう!


薮原祭りまで、あと362日

平成21年度 薮原神社例大祭 その1

今年度のお祭りも無事終了し、ようやく心も体も落ち着いたところで、徐々にこの4日間を振り返りたいと思います。

祭礼団体の一員としてお祭りに携わると、なかなか部ログ更新する暇がなく・・・。

 

心配していた天気も、昨年と同じで8日朝から雨

それでも昼過ぎに強く降った後は、小雨程度で済み、9日も午前中に降ったものの、夕方からは雨に打たれず、最後の寄合いも大勢の方たちに見守られ、大盛況のうちに終了したと思います。

 

雨の影響もあり、2日間とも屋台の運行には苦労し、1時間ほどの遅れはありましたが、大きな事故や怪我もなく、みんなが楽しめたお祭りだったと感じました。

我が八幡倶楽部も、昨日の片付け後のあと祭り(慰労会)では、苦労話よりも、お酒に酔って盛り上がった若い衆、ご祝儀集めでの出来事、寄合いでの野次ネタなど、笑い話が多かったです

 

 

今年は庶務部長として、書類作成やデータ管理などを担当しました。

昨年度の頭長を経て、違う役員として祭礼に携われたこと、充実した一年だった。そして当日も祝儀班として、横梃子の一員として、幅広い分野を担当できて、昨年度同様「少しの寂しさと、晴れ晴れしい充実感」が持てました

 Img_3012

 7日家習いで撮影した夫婦獅子

 

 

この4日間の写真は、徐々に部ログしていきたいと思います。

それではまた、のちほど・・・

 

 

2009年7月 7日 (火)

町内周りと竹たて

6日夕刻・・・2回目の町内周りを行いました。

今回はまず小木曽宮の森方面へ向かい、あとは6月30日に回っていない下町の地区を巡回

 

そして事業部長が段取りした「お楽しみ会」を開催

豪華なオードブルと飲み物が用意され、今までの練習の労をねぎらい、7日からの準備・祭礼・片付けに向け、盛り上がりました。

昨年に続き、会場を暗くし提燈の明かりを頼りに、名簿順で一人1回ずつ獅子舞を行いました。

 

そして最後に7日0時には藪原神社へ出かけ、上獅子とともに神社の鳥居に竹を立てて、本日は終了!

 

いよいよ7日は準備と家習い・・・今年はあっという間に祭りになっちゃいました

 

薮原祭りまで、あと1日

 

・・・今後3日間の更新はちょっと出来ないかもしれません

 

2009年7月 6日 (月)

5日の練習

5日の練習は、通常練習としては最後の日となりました。

ちょうど日曜日でもあり、若いメンバーも多く集まり、いつも以上に気合の入った獅子舞をする姿が見受けられました

 

この日役員は7日0時に藪原神社へ立てる竹1本、屋台の尻尾部分になる竹2本を大桑村まで採りに行き、毎年恒例ですが昼間から地元の食堂で一杯飲んだようです。

 

今日6日は夕方から町内まわり、倶楽部お楽しみ会(豪勢なオードブル等で一杯)、そして日付変わりと同時に上獅子と一緒に、神社へ行き竹を立てます。

そして7日は屋台組み立て、家習い

いよいよ8日から祭礼となります。

 

しかし・・・天気予報はどうやら怪しい雲行きが

 

薮原祭りまで、あと2日

 

2009年7月 5日 (日)

男獅子HP

 

クリック⇒男獅子へgo!

 

再掲

お祭りも近いことですし、再度「男獅子HP」リンクを掲載します。

皆さん、是非ご覧下さい

 

 

≪今後の部ログについて≫

昨年度の頭長と、今年度の庶務部長・・・と、倶楽部の活動を把握していて比較的、部ログしやすい役員だったのでこの2年間で150件もの活動を記録、紹介してきました。

お祭り終了後、7月10日に来年度の役員発表がありますが、多分・・・というかほぼ確実に私が来年度役員にはならないと思います。

なので、部ログの更新頻度が減ってしまうかなぁ、と最近ちょっと寂しく感じていて・・・。

 

そこで、男獅子のHPもできたので、対抗するわけではありませんが、雌獅子である下獅子八幡倶楽部のHPを作ってみようかと目論んでいます

出来た暁には、部ログを通じて宣伝予定。

 

一応、この部ログは永久的・・・とは言えませんが、行事のある時には更新していきたいと思いますので、今後も是非ヨロシクです

 

とは言っても、まだお祭りも始まっていないので、とりあえずは今年度の部ログを頑張って続けます

 

4日の練習

お祭り前最後の週末、土曜日とあってか、仕事や住まいの関係でなかなか出れない倶楽部員も多く参加し、いつも以上に多く鳴らしたり獅子舞をしたり・・・。

中には祭紀部長から獅子舞の指導を受ける若い衆もいて、本番に向けた本格的な練習となったと思います。

 

薮原祭りまで、あと3日

 

2009年7月 4日 (土)

お神輿との交流会

3日夜、上獅子に引き続きお神輿団体の尊神会との交流会があり、4人の役員が来てくれました

お囃子や獅子舞を何度も行い、気づけば日付が変わってました

薮原祭りまで、あと4日


2009年7月 3日 (金)

保存会伝承

2日夜、保存会の伝承の日ということで、年配の方4人が指導に来てくれました。

短い時間でしたが、実演もまじえながら教えていただきました。

 

また、この日は薮原祭りを知ってもらおうと、同じ職場の若い娘さんを2人誘い、見学にきてくれました。

普通は当日の獅子舞を見る、屋台を引っ張る、などは経験できても、練習や準備する様子を見ることはなかなかできないと思います。

倶楽部の若い男児も若い娘さんがいるとあってか、気合十分な獅子舞を見せたりと、平日で疲れも溜まってきている時期ながら、盛り上がった練習でした。

 

薮原祭りまで、あと5日

 

2009年7月 2日 (木)

上獅子との交流会その2

1日夜、上獅子との交流会第2弾が盛大に行なわれました

今回は上獅子の若い衆が下獅子の練習会場へ20人くらい来てくれて、下獅子の獅子舞をやったり上獅子のお囃子や獅子舞を披露したり。

 

上獅子の若い衆、通称回し場(当日屋台での獅子舞をやる所)のメンバーは、男獅子ならではの迫力や威勢があり、それが獅子舞にも現れている気がします。

何より人数が多い(10人くらいは回し場にいる

 

今年の下獅子は・・・せいぜい5・6人かな??

まぁ各団体、それぞれの特色があるので、下獅子は雌獅子らしい「しとやかさ」「華麗さ」を演出するメンバーがそろっていると自負しています

 

仕事で参加が遅れたため、イマイチ雰囲気に乗り遅れた感じがありましたが、やっぱり若い衆が主体となって盛り上げていくことが、お祭りの大成功・大盛況につながる第一歩だとつくづく思いました。

 

最近写真を撮ることができず、様子がイマイチわかりませんね・・・(*_ _)人

薮原祭りまで・・・あと6日

 

 

2009年7月 1日 (水)

しめ縄

6月30日夕方、お注連をたてました。

Img_2937  

今朝強風の中

 

お注連たての後は毎年恒例の町内まわり。

お祭り当日に屋台が回れない下町の地区を巡回し、獅子舞を行ないました。

Img_2940  

これは尊神会のたてたお注連

中町にあります。

 

Img_2941  

そして上獅子神風講社が上町にたてたお注連

 

 

その他、この30日前後に薮原の各地区で町内の行事として注連縄を張り、提灯も飾られました。

Img_2934

これは我が町内のお注連

 

 

 

そして・・・祭りまであと・・・日が一日間違っていました。

 

薮原祭りまであと7日  が正しいです。

 

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »