« 振り返りその2 感謝 | トップページ | 祭礼写真ログ6日 »

2012年7月16日 (月)

振り返り その③

大事な話を忘れてました。

まず反省
幸い大きな事故や怪我がなく済んだものの、9日夜の上獅子との寄合い後、下獅子の屋台が通過する際に屋台がぶつかるところでした(>_<)
屋台同士の接触は免れたものの、置いてあった横梃子に当たって大きな『メリメリッ』という音がし、上獅子屋台の一部に傷が入ったとのことでした。
必死で横梃子で舵取りしましたが、スピードが速くブレーキ役もいなかったための結果。もう数センチズレていたら大惨事になるところでした。
腕の無さと役割の徹底を感じたところです。来年の反省、課題として引き継ぎます。

ご迷惑をお掛けしすみませんでした。

動きながら上獅子と下獅子の屋台の間に挟まり、足と腕はブツケましたが自身もギリギリ抜けられたこと、奇跡的にけが人がなかったこと、不謹慎かもしれませんが、寄合いの醍醐味を体一杯感じれたことを体験したとプラスに捉えます(^_^;)


それから振り返りで大事なことを伝えます。

八幡倶楽部員は元より、この一年間トップとして倶楽部を引っ張ってくれた伊倉部長、そして部長を支えてくれた岩原・川口両副部長、当日は見事な采配を見せてくれた高柳祭紀部長、大事な倶楽部運営を担当してくれた藤澤会計部長。また中心となって倶楽部を底辺から支えてくれた岩原頭長と頭の川口くん・上垣外くん・寺澤くん。
自分も庶務部長として役員の一役をこなしましたが、四役頭の努力無くしてはみんなが楽しんだ、悔やんだ、また来年も!と言う気持ちが溢れた薮原祭りにはならなかったです。
改めて役員の皆さんの努力と結束に感謝致しますm(_ _)m
お疲れさまでした。

« 振り返りその2 感謝 | トップページ | 祭礼写真ログ6日 »

コメント

今年度の祭礼は、自分自身も含めて倶楽部員全員にいい意味で悔いの残る祭りにしてほしくて…。

獅子舞や鳴り物を間違えた、梃子を思うようにできなかった…はもちろん、後輩からの突き上げでベテラン衆に危機感を持ってもらいたかった。
実際祭りが終わった後落ち込む部員がいて、正直うれしい気持ちになった こいつは来年伸びるぞ!って。

自身失敗も多く、しっかりしていれば屋台の接触事故もなかったと悔いが残ったし。

ただ振り返れば鳩友・親会はもちろん倶楽部のみんなに支えられて、恵まれて最後までやり通せたこと、ほんとに感謝しています。
もちろんオレの右腕として、寄合メンバーの主力としてのおまえの存在には救われたよ。
ありがとな

真面目な話になっちまったが…また飲みながら語らまい    

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 振り返りその2 感謝 | トップページ | 祭礼写真ログ6日 »