« 練習7日目&8日目 | トップページ | 7月3日、9回目の練習 »

2013年7月 2日 (火)

ありがたいコメント

昨日更新した部ログに大変ありがたいコメントをいただきました!
コメント返信でも良かったのですが、長くなりそうなので、ログ一枠使ってお答えします。

薮原祭りというものは、何故か人を惹き付けるとても魅力のあるお祭りですね。

もう何年もあの音、囃子や獅子舞、雰囲気を感じていなくても、在村中に体感したものはいつまでも離れることのないもの。

少子高齢化、人口減少、過疎化の大きな波はこの木祖村にも押し寄せていることは現実です。
薮原祭りに関わる人間も減少していることも事実です。
しかし子どもも大人も、お客さんもみんなが魅了されるこの伝統の『薮原神社例大祭』をいつまでも続けられるよう、地元に残る諸先輩方の指導力・統制力と、その下で主体となって活動する祭礼団体員が更なる一致団結・協力していくことが何より大切なことだと改めて思います。
それが責務でもあり…

現実的には伝統の『7月8日、9日』から第二金曜土曜開催に変更になりました。

これには賛否両論あろうかと思いますが、とにもかくにもみんなが大好きな薮原祭りをいつまでも絶やすことなく続けられるよう、精進したいと思いました!

逆に言えば週末開催により参加しやすい、鑑賞しやすい日取りでもあります。
是非是非懐かしの薮原祭りを五感で感じとっていただきたいです!

これからも応援よろしくお願いします。

どこにいても、関わっていなくても薮原祭りが大好きな人同士は繋がっていますよ♪

« 練習7日目&8日目 | トップページ | 7月3日、9回目の練習 »

コメント

御礼!
年寄りの戯言に一枠とっていただき光栄です!

保育園から小5までを過ごしましたが、思い当たるだけでも
・-23.5度を経験したこと
・小学校にプールがなく木曽川をせき止めて泳いだこと
・冬場、小学校の西側が即席のスキー場になったこと
・森林鉄道のトロッコを暴走させたこと
・カブトムシの宝庫だったこと
・営林署のサイレンを合図に野球をしていたこと
等々懐かしく思い出されます。

周りの風景は当時と変わってしまったと思いますが、多分祭りの御囃子に武者震いした感覚は変わっていないと思います。
今年はタイムスリップして、久し振りにあの頃の感覚を味わわせていただきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 練習7日目&8日目 | トップページ | 7月3日、9回目の練習 »