ひとりごと

つぶやきです

2017年1月 1日 (日)

2017年、平成29年よろしくお願いします!

2017年、平成29年よろしくお願いします!
2017年、平成29年よろしくお願いします!
謹賀新年!
清々しい新春を迎えました。薮原祭りに、下獅子、八幡倶楽部に関係する皆様、本年もよろしくお願いいたします。

写真は新年の薮原神社と八幡宮。

2015年12月31日 (木)

平成27年(2015年)

平成27年(2015年)
平成27年(2015年)
平成27年(2015年)もあとわずかとなりました。
昨年の7月以降、八幡倶楽部の副部長として時代にあった取組に向けた話し合いや準備を何度も行い、藪原祭りを迎え、様々な気苦労はあったものの無事に今年のお祭りも終えることができました。

そして祭り以降、今年の後半は会計という役をもらい、夏祭り、八幡祭り、皇女和宮行列イベント、平成の大収録と目白押しな行事をこなしました。

年があけ、気付けば藪原祭りを迎えていることでしょう!

今年も様々な面で多くの方々にお世話になりました。ありがとうございました。
来る年もよろしくお願い致しますm(__)m

※写真は先程参拝に向けて準備してきた八幡宮です。
藪原神社とあわせて八幡様への参拝もどうぞ♪

2015年7月 5日 (日)

町内のお祭り準備

町内のお祭り準備
今日は我が町内もお祭りに向けて準備を行いました!
それぞれ都合もあり朝7時から!(Zzzz…)

我が町内は提灯、お注連、五色(吹き流し)の三点セットを立てるため結構若手の力が必要です。
加えて周辺の草刈りや道路側溝清掃なども実施するため、実はここ数日の祭り練習よりハードな重労働…。
今、薮原地区はどの町内も若い衆が少なく、祭礼準備やおもてなしなども苦労が絶えない状態です。

祭礼団体員の減少も、地域の少子高齢化も大問題です…なんとか村民一体となって薮原祭りや地域のコミュニティを維持発展させたいですね!
薮原地区は薮原祭りが中心となっているので、お祭りの取り組みを基に盛り上がる地域を形成していきたいです!

2015年4月 2日 (木)

薮原祭りまで…

4月1日(水)
平成27年度がスタートしました。
(薮原祭りの活動はお祭り後から年度が切り替わってます)

かねてから今年の4月1日には必ず投稿しようと思っていた一言がありました。
が、新年度の初日は超が付くくらいバタバタが続き気づけば日付が変わってしまい…(。>д<)

では、その一言を!

薮原祭りまで、あと100日!
(本来は4月2日投稿なので99日です…)

2015年1月 5日 (月)

新年

新年
新年
新年
投稿が少し遅くなってしまいました…m(__)m
自身のスマホが調子悪かったためうまく投稿できませんでした(*_*)

さてさて、いよいよ平成27年、2015年がスタートしました!
元旦も積雪に見舞われ初詣が遅くなりましたが、今年も薮原神社と八幡宮へ行き、欲張りながら無病息災&家内安全&薮原祭りの成功と八幡倶楽部の益々の発展を祈願してきました!

年が明けると薮原の人々は少しずつお祭りの意識が高まってきます。一杯呑んだときなど祭りネタが増えてきますね(^^)

改めて、今年もよろしくお願い致します!

2014年11月23日 (日)

薮原祭りを紹介しました

11月22日、名古屋市から木曽へ多くのお客さんが来られての「インターネットフォーラム」というイベントが開催されました。

今年は木祖村が当番会場ということで、村内の各所を案内したり、木祖村の「自然環境」「木工産業」「生活文化(祭り)」について紹介。

その中でも自分にも関わりの強い薮原祭りの部門では、DVDを見てもらいながら様子を知ってもらい、興味を持たれた方も多かったかな、と。

フリートーク形式での場だったので、逆にこうしたらどうかといった提案もいただき、持ち帰ることに。。。

出された意見(提案)

・お客さんはどのようにお祭りに参加して良いのか?

 ⇒時間帯にもよるが屋台を引っ張ることは可能(と回答)

・案内所のような場所があると、お祭りの良さや見どころがわかって良い。

 ⇒今度完成する町並み交流施設「笑ん館」で対応できるかも(未回答)

・後継者不足という問題があるのならば、上下流交流の繋がりから希望者を募って準備や片付けもお手伝いできるのではないか?

 ⇒祭礼団体と相談(未回答)

・やぶはら高原ハーフマラソンに合わせて開催すればもっと多くのお客さんに観てもらえると思う。

 ⇒どちらも多くの村民が関わっており、同時開催は正直無理でしょう・・・(未回答)

・名古屋でのイベントに出張公演できないか?

 ⇒祭礼団体と相談する(と回答)

様々な建設的な、前向きなご意見や提案をいただきました。

正直なところ、難しい点が多いです。

観光要素よりも地域の文化要素が強いお祭りであり、祭礼団体員としては誘客のためのお祭りではないと感じておりますが、観光担当として考えれば誘客(村の経済発展)のお祭りとして捉えていかなければならないのかな、と。

一人で進めることではないので、行政(木曽川の上下流交流)と地域(祭礼団体)双方に負担のかからない方法があればより良いお祭りになると思います。

 

様子写真も添付。

3  

郷土館での展示

 

2

DVDを見ながら澤頭先生が説明。

   

1  

ファシリテーターの方が全体へ説明してくださいました。

 

ちなみに来年度は7月10日(金)、11日(土)に開催されます!

 

2014年8月31日 (日)

お祭りのCD

お祭りのCD
少し前の事ですが、お盆に休暇をいただいた際に職場に私宛てで届いたCD。

実は祭礼練習時に転作センターに機械を持ってきて録音されていった方がいました。
そしてその方と偶然、宵祭りの昼に会い少し話をしました。その際に自分の仕事用と祭り用の名刺を渡しました。
その方は色んな地域のお祭りを見に行かれているそうで、本祭りには家族も連れて来る予定とおっしゃっておりました。
その方の住まいは伊那方面と聞きましたが、残念ながらお名前や連絡先までお聞きすることはできませんでしたが、届いたCDを見てきっとあの方だろうな…と思っています。

CDを聞いてみました。祭礼当日の下獅子、上獅子の屋台運行中の楽団や寄合いの音が鮮明に記録されており、その風景が頭に浮かんできました。

直接御礼を言うことができず申し訳ありません。ひとまずこの場で御礼を伝えます。ありがとうございました!
(偶然でもこの部ログを見てくれることも願いつつ…)

実は薮原祭り保存会でも、現在の楽団を音として記録保存、伝承していこうという動きも計画されています。来年辺りに楽団の名手を何組か揃えて公開録音も実施するかもしれません。
ぜひとも実施してもらいたい、自分も笛か太鼓で参加したいと!

今回いただいた鮮明な音のCDを聞いてみて、今後の音録りの参考になることがよくわかりました。
笛は二人で吹くため息継ぎや伸ばす・切るといった細かな部分を丁寧にやる必要がある&太鼓も相互のテンポを尊重し合いながら笛の音色から強弱をつけたオーケストラ風なお囃子にする、といった最近の楽団の課題を克服する場として、今までにないやりがいのある目標ができたと感じます!
これを倶楽部員や祭礼団体に幅広く伝えて、将来薮原祭りを担っていく若者へ引き継いでいってもらいたいな、と思います♪

常に高みを目指して…(^^ゞ

2014年6月12日 (木)

気がつけば

薮原祭りまであと一ヶ月を切ってました。
3月末のあと100日ってのは覚えてましたが、ここ二ヶ月の激務をこなしている内にいつの間にか(^_^;)

本当はあと88日、50日、って区切りを部ログしたかったのですが…(´Д`)

区切り良い日ではありませんが…
薮原祭りまで、あと29日!

2014年4月26日 (土)

薮原神社の春

薮原神社の春
木祖村内、あちこちで桜が咲き始めました。
薮原神社の鳥居付近も春色に染まっています♪

春色から芽吹き、新緑を経て梅雨が明けると薮原祭りです。
薮原祭りまであと……76日!

2014年4月 2日 (水)

薮原祭りまであと…

久々の企画!

今日は薮原祭りまであと

100日

でした!

今週4日には八幡倶楽部役員会が開かれます。
本格的に動き出しました♪

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー